So-net無料ブログ作成
検索選択

素敵な休日ヽ(^0^)ノ [読書]

 
この本はオーデイオテクニカさんが創立50周年を記念して出版されました。

内容は音、音楽に関しての歴史、構造の解説から始まって音楽家、音楽プロデューサー、録音エンジニア、サウンドデザイナー、音響設計者など、私たちが普段知ることが難しいプロフェッショナルの方々の現場の情況が分かり易く書かれています(文章は分かり易いが内容は高度です)。
 
音や音楽のことをこれからもっと知りたいと思われている方にお奨めしたい貴重な本だと思います[るんるん]
このような素晴らしい本を出版されたオーデイオテクニカさんに深く感謝いたします。
 

続きを読む


nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

読み初め [読書]

今年の読み初め(よみぞめ)は「小澤征爾さんと、音楽について話をする」です。
村上春樹さんは素晴らしい音楽鑑賞者で、私も以前彼の意味がなければスイングはないを取り上げました。
 
今回の本は彼が小澤征爾さんに東京・ハワイ・スイスで一年に及ぶインタビューを書き起こしたもので、彼が素晴らしい音楽鑑賞者で有ると共に、小澤征爾さんの忘れていた記憶をも想い出させることの出来る優秀な聞き上手でも有ることが解ります。
 
内容はとても分かり易く、それぞれの章が小澤征爾さんの個性を表情豊かに表しています。
 
私はこの本を読んで、小澤征爾Leonard BernsteinのMahlerを聴き直しております[るんるん]

nice!(28)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あなうさピーターのはなし [読書]

ブクログさんの電子書籍プラットフォームに大久保ゆうさんによる新訳絵本 が紹介されていました。

とても素敵なので私も紹介いたします[るんるん]


タグ:絵本
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

桃源郷ものがたり (世界傑作絵本シリーズ) 松居 直,蔡 皋 福音館書店 [読書]

 
先日行きました 岡崎市美術博物館 特別企画展 桃源万歳 ー東アジア理想郷の系譜ーの影響が出ているようで、今回は陶淵明『桃花源記 幷詩(桃花源の記 幷びに詩)』の絵本です。
 
岡崎市美術博物館で様々な武陵桃源の絵画を観て、この物語は絵と共に読んだ方が面白いと思いました[ひらめき]
この絵本は大人(子供だった頃を覚えている)にも楽しめる、とても素晴らしい作品です[わーい(嬉しい顔)]

タグ:桃源郷
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

陶淵明全集〈上〉〈下〉 (岩波文庫) [読書]

 
 先日 岡崎市美術博物館 特別企画展 桃源万歳 ー東アジア理想郷の系譜ーを鑑賞してから、陶淵明の作品を読みたくなりました[本]
 
人間的で、とても面白いです[るんるん]
しばらくはバッグに入れて、繰り返して読みます[わーい(嬉しい顔)]

タグ:陶淵明
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

赤の書 ―The“Red Book” C.G.Jung(著)ソヌ・シャムダサーニ (編集), 田中 康裕 猪俣 剛, 高月 玲子 (翻訳) [読書]

C・G・ユング
創元社
発売日:2010-06-26
かなり大きい本でした(A3変型判・上製・予464頁)[exclamation]
私は机上で読むよりベッドで読むことが多いのでちょっと辛いです[ふらふら]
 
 the_red_book_image(4).jpg
 
 the_red_book_image(4)_2.jpg
 
 the_red_book_image(4)_3.jpg
 
 the_red_book_image(4)_4.jpg
 
 the_red_book_image(4)_5.jpg
 
絵が素敵で内容も面白そうですが、大きくて重いので休日にしか読めないかも・・・。

続きを読む


タグ:
nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

素敵な詩集が届きました(^O^)/ [読書]

 20101130120130ce7.jpg

昨晩帰宅しましたら、K-SOHYA様からご本が届いていました[ひらめき]

第二詩集『愛の寓意』(角川書店刊)です。
美術、神話、歴史などのが興味深い内容が和歌、詩、散文で表されて、とても素敵です。

どうも有り難うございます[わーい(嬉しい顔)]

 IMG_1475.jpg

珈琲を飲んで。

 IMG_1478.jpg

 IMG_1481.jpg

お日様を観ます[グッド(上向き矢印)]

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

會津八一のいしぶみ 會津八一記念館 新潟日報事業所 [読書]

會津八一記念館
新潟日報事業所
発売日:2000-11

會津八一が続きます[わーい(嬉しい顔)]
 
先日のプレゼントの中にこの[本]が入っていました 。お祖母さまからだそうで、どうも有り難うございます[るんるん]
 
 travel_niigata_aizuyaichiseika.jpeg
 
ふるさとの はまのしろすな わかきひを 
ともにふみけむ ともをしぞおもふ
 
 
これは會津八一生誕の地(新潟市中央区古町通5番町)に建てられている歌碑で、それまで建立された歌碑は墨筆の文字ばかりなのですが、これはペン字で書かれた歌稿を元にしました。
 
この本では會津八一の自筆歌碑と揮毫碑を写真と関係者の解説で紹介しています。
今度奈良に行く折りには、この本を持って訪ねてみたいです[わーい(嬉しい顔)]

タグ:會津八一
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

若き空海の実像―「聾瞽指帰」と新資料「破体千字文」で解明する 飯島 太千雄 大法輪閣 [読書]


この処「書」に興味を持ち始めました[グッド(上向き矢印)]
著者は書家で、縁とは面白いもので、以前私が働いていた電気店の大家さんが書の出版社を経営されていて、著者はそこでも素晴らしい本を出されています[るんるん]
 
書にはあまり関心は無かった私ですが、大学時代中村元 先生のお話しを聴いて仏典に関心を持ちました。
私がレコード卸に勤めていた頃、先生が退任され、神田明神の近くに東方学院を開設されました。
私でも勉強出来るかと訪ねましたら、受付の女性に「先ずはサンスクリット語をみっちり勉強して下さい」 と言われその気になったのですが、急に秋葉原の営業所から福岡営業所に転勤になり、諦めました[ふらふら]
その時、サンスクリット語(梵語) の文字に少し関心を持ちましたが、漢字の仏典との関連までは理解出来ませんでした。
 
この本は、空海の「聾瞽指帰」と「破体千字文」の書から、空海の謎の青年時代を考察したもので、とても興味深い内容です[ひらめき]

タグ: 空海

できるポケット+ Evernote コグレ マサト,いしたに まさき,できるシリーズ編集部 インプレスジャパン [読書]

コグレ マサト,いしたに まさき,できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
発売日:2010-03-05

昨日の早朝、「Xperia™」をいじっていたら面白そうなアプリが有りました。
Evernoteというソフトで、テキスト、ウェブページ、写真などを簡単にEvernoteのサーバーに取り込め、スマートフォン、PCから簡単に整理、検索が出来ます。
でもマニュアルが英語の説明で、訳すのが 面倒なので、早速この本をAmazonへ注文しましたら、本日午後に届きました[るんるん]
これは私には重宝な道具になりそうです[わーい(嬉しい顔)]

タグ:Evernote
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ: